読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術系官僚になれなかった人の話

国家公務員(総合職)になれなかった話とか全然関係ない話とか。

国家公務員試験(総合職)の得点計算方法に関して

国家公務員試験の1次試験、2次試験とあるが、合格者やその順位を決めるための、得点計算方法は結構ややこしい。

国が公式にやることなので、一応、公開されている。

簡単のため、大卒程度のみ紹介する。

人事院の採用ナビのページ

総合職試験(大卒程度試験)|国家公務員試験採用情報NAVI

の下の方に、「合格者の決定方法」というpdfファイルがある。

http://www.jinji.go.jp/saiyo/siken/sougousyoku/daisotsuteido_sougou/kettei13.pdf

以降、このファイルの中身に軽く解説を加える。

 

人事院としては、各試験の素点(実際の正解数など)をそのまま足すと、難易度の違いなどの影響が出て良くないと考えているのだろう。

そこで使ったのが以下の式。上のファイルから引用。

f:id:non-bureaucrat:20170308214215p:plain

この式の意味がわからなくても、「偏差値」ぐらいは使ったことがあるだろう。上の式は偏差値を少し弄ったものである。

 

偏差値について軽く解説。

まず一般に試験を行ったとき、受験者の平均点(上の式のM)と、点数のばらつき方(上の式のσ)が重要なデータになる。

例えば満点を取ったとしよう。

平均点が同じ試験でも、ばらつきが大きい場合、満点を取る人は結構いる。そのため傑出度は低い。逆にばらつきが小さいのに満点を取った時、傑出度は高い。

この傑出度を表すのが偏差値である。

偏差値の出し方は、10 ×(自分の点数 - 平均点)/(標準偏差)である。この標準偏差がばらつきの大きさを表すパラメータである。

直感的な理解では、平均点が70点で、標準偏差が10点の時、

  • 70点(ちょうど平均点)の人は偏差値50
  • 80点(平均点+標準偏差)の人は偏差値60
  • 90点(平均点+2×標準偏差)の人は偏差値70
  • 65点(平均点ー0.5×標準偏差)の人は偏差値45

である。

ちなみに統計学によれば、理想的な分布の場合、偏差値60で上位16%、偏差値70で上位2.3%である。

 

ここで人事院の式に戻る。

得点の式のカッコ内を見ると、偏差値の式の10のかわりに15を使っている。理由は全然わからない。強いてあげるなら、得点のばらつきを増やすことで、同点者を減らすというものか?それなら、全体の得点を1.5倍にするだけでも良いと思うのだが。

ともかく、人事院では差分を1.5倍にする。つまり、偏差値60なら、偏差値50(平均)からの差を1.5倍して、得点計算では65として計算する。つまり、平均点の人の65/50 = 1.3倍の得点が入る。

偏差値70なら、80として計算され1.6倍の得点。偏差値40なら、35として計算され0.7倍の得点が入る。

なお、人物試験(面接)については、ABCDEの5段階評価を行い、理想的な分布を仮定することで、偏差値を計算して、標準点を求める。

すなわち、もしAを取った人が、全体の4.6%ぐらいならば、その集団の平均は上位2.3%ぐらいになるはずなので、Aを取った人は偏差値70ぐらいになるはず。

 

そして、配点比率に関して。

  • 基礎能力試験(教養)2/15
  • 専門(多肢選択式=1次試験)3/15
  • 専門(記述式=2次試験)5/15
  • 政策論文 2/15
  • 人物試験 3/15 

となっている。

上の式を見ると、すべての試験で平均点を取った(X=M)時、合計500点となる。

つまり、配点比率2/15の教養試験で平均点を取れば 66.66→66点(切り捨てられる)。この試験で偏差値60、つまり「得点計算用の偏差値」が65のときは、66.66×65/50で86点となる。

ここで一つサイトを紹介する。

国家公務員試験得点計算室−ボーダー予想!−

過去の試験における、平均点・標準偏差のデータがのっているだけでなく、素点を標準点に変換してくれる。いろいろ数字を打ってみて、どのぐらい取れれば合格なのか、計算してみると良いだろう。

 

さて、一次試験は教養試験(配点比率2/15)と専門試験(配点比率3/15)から構成され、その合計点が一定以上なら通過できる。合格ラインをどこに置くのかは分からないが。

よく匿名掲示板で、傾斜配点だからといって、教養試験の素点+1.5×専門試験の素点を計算しているが、実際に用いられる得点は上の式で計算される。この傾斜配点は、ばらつきの大きさが同じ時のみに適用される。

すなわち人事院式の計算では、まず平均点を取ることによって、教養試験では66点、専門試験では100点が入る。それに加えて、

  • 教養試験で平均点に加え、標準偏差1個分高い点数を取れば、+20点
  • 専門試験で平均点に加え、標準偏差1個分高い点数を取れば、+30点

となるわけだ。

f:id:non-bureaucrat:20170308224656p:plain

ここに法律区分における1次試験のデータをまとめてみた。

データは得点計算室のもの(H24-27)、人事院のもの(H28)

http://www.jinji.go.jp/saiyo/siken/heikin/shikenc2_heikin.pdf(pdf)

を利用。

最下段から分かる通り、専門の素点は1.5倍ではなく、1.2倍程度とするのが良いだろう。なお、専門を1.2倍して教養に足した点数は、相対比較のみに利用できて、標準点がどのぐらいあるのかという指標にはならない。

 

まとめ

基本的には、各試験のばらつきの影響を統一するため、偏差値のようなものを用いている。

法律区分の1次試験では、専門の素点を1.5倍ではなく、1.2倍して教養の素点と足すと良い比較。